So-net無料ブログ作成

マンション内覧会

新築の分譲マンションを購入した人が、部屋の引き渡しを受ける前に、工事が設計通り行われているかを確認する「内覧会」。業者に不具合を指摘し、改善してもらえる貴重な機会です。何を調べればいいのか事前に整理し、じっくりチェックしましょう。

内覧会は、マンションがほぼ完成し、引き渡しを受ける1〜2か月ほど前に行われます。購入者が部屋の中に入って、工事がきちんと行われているかどうかを確かめる場です。引っ越しシーズン前の2〜3月は内覧会が多いといいます。

その場で不具合が見つかれば、無料で修繕してもらえます。無料の修繕は、保証期間中であれば入居した後でも受けられますが、家具を設置し、新生活を始めてからの工事は不便を強いられるため、内覧会でのチェックは重要です。

時間は、最低でも2時間は確保してもらえるよう、事前に業者に依頼するといいようです。部屋は漠然と見るのではなく、「時計回りで1部屋ずつ確認」「家族が点検し、自分はメモ」など、点検する順番や役割を決めておきます。

壁の傷や汚れなど、誰でも見つけられる不具合は後に回し、「設計図通りに施工されているかどうか」を確認することが大切です。設計図の見方がわからなければ、内覧会場にいる施行業者に質問します。まれにコンセントやスイッチ、照明の位置が異なることなどがあるといいます。

ドアや窓、引き出しはすべて動かし、建て付け具合を調べます。台所や洗面台の排水管は、ためた水を一気に流して水漏れがないかチェックします。

照明は、施工業者に点検用の照明器具を事前に用意してもらい、点灯のテストをします。換気扇もスイッチを入れて、吸い込み口にあてた紙が引っ張られるか確かめます。

自分だけでチェックするのが不安でしたら、専門の業者に立ち会ってもらう方法もあります。東京都の男性会社員は先月、3月に入居予定の新築マンションの内覧会に、立ち会いサービス「住まいの調査団」を利用しました。建築士が4LDKの部屋をチェックし、約4万円の費用がかかりました。

自分でチェックする場合でも、住まいの調査団のホームページ(http://www.sumai-textbook.com/nairankai-2/635/)に登録(無料)すれば、内覧会での確認項目などをまとめたマニュアルが閲覧できます。

◆内覧会の主なチェック項目
・ドアやサッシ、引き出しは完全に開閉させ、スムーズに動くか調べる
・棚やカーテンレール、タオル掛けなどの固定状況を確認する
・スリッパを脱いで床の上を歩き、デコボコがないか、異音がしないかなどをチェック
・水回り、電気系統は、実際に水を流したり、照明器具を点灯したりして確かめる
・食洗機や24時間の換気設備なども忘れずに作動させる

総務部 小杉 勉

東松原・羽根木のお部屋探しは信和不動産東松原店まで
小田急線梅ヶ丘エリアのお部屋探しは梅ヶ丘店まで
【信和不動産のFacebookページ】
【スキスキ東松原|信和不動産発 東松原情報】
【東松原の不動産情報! by信和不動産発】
【信和不動産のYOU TUBEチャンネル】
【3F日記】信和不動産売買ブログ
【世田谷に住もう】売買物件情報blog
【アパログ】アパマンショップ東松原店ブログ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。