So-net無料ブログ作成

コンクリート床に彩りを

住宅の外壁工事の際、玄関アプローチや駐車場などのコンクリート床面に、判子を押すように自然石や木目などの模様をつけ、美しく彩る動きが広がっています。いわば「コンクリートの化粧」。見た目は本物のようで、耐久性に優れるなどのメリットもあります。

さいたま市内の高台にある新興住宅地「ジャルダン大古里」。約3000平方メートルの敷地にレンガ壁の木造住宅15棟が立ち並ぶ。不動産会社のロッキー住宅(さいたま市)が2008年から開発し、70年間の定期借地権付きの注文として分譲しました。

目を引くのは、住宅前に広がる床面です。自然石を敷いたように見えますが、実はコンクリート。工事費は約400万円。

工事をしたのは、コンクリート造形会社のアレンジコンクリート(埼玉)。生コンクリートを打ち込んだ後、柔らかいうちにウレタンゴムのマットで型押しし、凹凸のある自然石の模様をつけました。その後、噴霧器で色粉を混ぜた液体をかけ、濃淡のあるベージュに着色しました。

この工事は米国発祥で、「スタンプコンクリート工法」などと呼ばれています。国内でも10年以上前から商業施設などの装飾デザインに採用され、近年、住宅にも広がってきました。アレンジコンクリートは年1200件以上を施行、うち8割が住宅です。住宅の工事費の目安は1平方メートルあたり9000円から。

この工事の利点は
(1)本物の石や木、タイルを使うより比較的安価。短期間で施工できる
(2)表面を保護剤で強化するため、はがれたり割れたりしにくい
(3)目地がないので雑草が生えず、掃除の手間がかからない
などがあります。

色柄も豊富です。同社は石畳風の「イタリアン・アシュラー」など20柄と、白や黄、茶など、濃淡の違いを含め91色を用意しています。

リフォーム時に取り入れることもできます。専門施工会社のメイク・プラスター(鈴鹿市)の専務で、1級左官技能士の荻野氏によると、床面の色柄が派手すぎると、落ち着かないこともあるので、建物や車の色調とのバランスも考え、ベージュやグレーなど控えめな色合いを選ぶと良いそうです。

見た目の美しさを保つには、施工後の維持管理も大事。5〜10年をめどに、表面に保護剤を塗布し直して光沢を出し、剥落した個所を補修することをおすすめします。


総務部 小杉 勉

東松原・羽根木のお部屋探しは信和不動産東松原店まで
小田急線梅ヶ丘エリアのお部屋探しは梅ヶ丘店まで
【信和不動産のFacebookページ】
【スキスキ東松原|信和不動産発 東松原情報】
【東松原の不動産情報! by信和不動産発】
【信和不動産のYOU TUBEチャンネル】
【3F日記】信和不動産売買ブログ
【世田谷に住もう】売買物件情報blog
【アパログ】アパマンショップ東松原店ブログ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます