So-net無料ブログ作成

都心の不動産取引 活況

企業業績の回復を受けたオフィス需要の高まりから、東京都心部を中心に大型の不動産取引が増えてきました。2014年度上半期(4〜9月)に全国で取引された主な不動産の金額は、比較できる00年度以降ではリーマン・ショック(08年)前の07年度に次ぐ水準でした。海外勢の取引も目立ち、1000億円を超えるものもあります。

不動産開発の森トラストは今年8月、米投資ファンドから結婚式場やオフィスが入る複合ビル「目黒雅叙園」(東京都目黒区)を取得しました。取引額は非公開ですが、1300億円程度とみられます。

調査機関の都市未来総合研究所によると、不動産投資信託(REIT)や上場企業などの発表、報道を基に集計した4〜9月の全国の不動産取引額は2兆1486億円。07年度(2兆1659億円)とほぼ同じでした。

10月以降も好調で、シンガポールの政府系ファンド(GIC)は10月、JR東京駅前のオフィスビル「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」を取得しました(金額は非公表)。買収額は1700億円程度とみられ、GICは「長期的に日本のオフィス市場を信頼している証しだ」とコメントしました。

リーマン後は「500億円を超える取引すらほとんどなくなった」(業界関係者)時期が長く、復調ぶりが鮮明になっています。

背景には、オフィス需要の高まりがあります。

オフィス仲介の三鬼商事によると、東京都心の空室率は9月末に5年7か月ぶりの5%台(5.65%)まで下がり、10月末も5.60%と更に改善しました。

10月末の空室率は大阪でも8.06%と6か月連続で低下し、名古屋や福岡では7%台まで下がりました。名古屋は08年10月以来、福岡は07年9月以来の7%台です。

東京では、20年の東京五輪・パラリンピックに向け、ホテルや商業施設などの需要の増加も見込まれます。海外勢は東京以外にも投資を広げており、香港の不動産会社は3月、高級ホテル「ハイアットリージェンシー大阪」(大阪市住之江区)を取得しました。

ただ、「不動産バブル」の再来を懸念する声もあります。日本不動産研究所の吉野薫・不動産エコノミストは「当面は東京都心を中心に不動産取引は活発な状態が続くだろう。不動産の価値を冷静に精査することが求められる」と指摘しています。

※REITとは…
Real Estate Investment Trustの略。たくさんの投資家から集めたお金でビルやマンション、商業施設などの不動産を買って、賃料収入や売却で得られた利益が投資家に分配される金融商品。証券取引所で売買できる。


総務部 小杉 勉

東松原・羽根木のお部屋探しは信和不動産東松原店まで
小田急線梅ヶ丘エリアのお部屋探しは梅ヶ丘店まで
【信和不動産のFacebookページ】
【スキスキ東松原|信和不動産発 東松原情報】
【東松原の不動産情報! by信和不動産発】
【信和不動産のYOU TUBEチャンネル】
【3F日記】信和不動産売買ブログ
【世田谷に住もう】売買物件情報blog
【アパログ】アパマンショップ東松原店ブログ



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

12月・1月 定休日のお知らせ|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます