So-net無料ブログ作成

10・11月 定休日のお知らせ

「暖かい浴室」へリフォーム

家の北側に配置されることの多い浴室と脱衣所の冬場の寒さは、住まいの悩みの一つです。屋内の寒暖差などの影響で、脳卒中などを発症することもあります。リフォームで暖かい空間を作ると、より快適な入浴を楽しめます。

「以前は風呂は冬になると寒くて苦痛だったが、今はそんなことは全くない」

昨秋、築25年の木造2階建てをリフォームで断熱化した会社役員男性(69)と妻(65)は口をそろえています。

施行前との違いを特に実感するのが、浴室と脱衣所です。壁や床にウレタン製の断熱材を入れました。全面タイル貼りの浴室は密閉性の高いユニットバスに変え、窓も断熱性の高いサッシに交換。脱衣所は床暖房を取り付け、窓には浴室と同じサッシを入れました。

脱衣所への動線も変更。寒い廊下を通らず、寝室やリビングから移動できるように、壁を引き戸に改修しました。

施行した土屋ホームトピア(札幌市)によると、「寒さ」を理由にした浴室のリフォームは増えています。依頼の中心は、20年以上前に、モルタル地の床や壁にタイルを貼るなどして作られた浴室です。

浴室や脱衣所の寒さは、健康にも悪影響を及ぼします。暖かい居室との温度差などで血圧が急変動して脳卒中を引き起こしたり、冷えた体を温めようと熱い湯につかっているうちに意識を失うなどして溺れたりする恐れがあります。東京都健康長寿医療センター研究所の推計では、2011年には、高齢者を中心に約1万7000人が入浴中に急死しました。

リフォームで対策を講じる場合、東京ガスリモデリングの1級建築士、荒居氏はまず、密閉性の高いユニットバスへの交換と断熱材の使用をあげています。ユニットバスの性能は年々向上。選ぶ際のポイントは、断熱性能の有無や壁などの厚み。タイル貼りの浴室を解体し、断熱仕様のユニットバス(160×160センチ)に交換した場合、同社の費用の目安は工事費込みで80万円からです。

熱が逃げやすい窓は、複層ガラスの断熱サッシに交換したり、内窓を設けたりします。内窓の設置は、外壁工事を伴うことの多いサッシ交換より割安で、断熱性も高いといいます。浴室や脱衣所専用の暖房機も効果的です。

大がかりなリフォームが難しくても工夫はできます。入浴前に浴槽のふたと浴室の扉を開け、脱衣所を暖めて衣服を脱ぐなどです。


総務部 小杉 勉

東松原・羽根木のお部屋探しは信和不動産東松原店まで
小田急線梅ヶ丘エリアのお部屋探しは梅ヶ丘店まで
【信和不動産のFacebookページ】
【スキスキ東松原|信和不動産発 東松原情報】
【東松原の不動産情報! by信和不動産発】
【信和不動産のYOU TUBEチャンネル】
【3F日記】信和不動産売買ブログ
【世田谷に住もう】売買物件情報blog
【アパログ】アパマンショップ東松原店ブログ



耐震診断とリフォーム

Q.築40年の一戸建てに住んでいます。耐震診断した上で、リフォームしたほうがいいといわれたのですが。


A.1981年(昭和56年)に現在の耐震設計基準、いわゆる新耐震基準が施工されました。阪神・淡路大震災や東日本大震災でも、新耐震基準施行以降に建てられた住宅については、地震の揺れによる被害はあまり見られませんでした。ですから、81年以降建築の住宅なら、そんなに心配しなくてもいいのですが、築40年の一戸建てだと、早急に耐震診断するべきでしょう。

耐震診断は市区町村などに登録された会社に依頼するのが安心。市区町村の窓口で相談すれば、専門の診断士がいる登録業者を紹介してもらえます。しかも、新耐震基準以前の住宅については、多くの市区町村が、診断費用の補助制度を実施しています。診断費用の半分程度を補助してくれるところが多いようです。

診断結果は評点によって表されます。評点1点以上ならひとまず安心ですが、1未満ならすぐにも耐震改修工事を行うべきです。新耐震基準施行前の物件だと1未満になるケースが多いでしょうが、住宅によっては1以上の評点が付くこともあります。反対に、新耐震基準以降の住宅でも、1未満になることがあるので、気になる方は診断を。

耐震改修は柱の間に筋交いを入れたり、専用の金具で補強したり、劣化したコンクリート基礎を塗り直して補強するなどの方法が一般的。最近は地震の揺れを吸収する制震装置を組み込む工事だともう少しかかるかもしれません。なお、診断の結果が評点1未満の場合には、耐震改修の設計・工事費を補助してくれる市区町村があるので、調べてみましょう。


総務部 小杉 勉

東松原・羽根木のお部屋探しは信和不動産東松原店まで
小田急線梅ヶ丘エリアのお部屋探しは梅ヶ丘店まで
【信和不動産のFacebookページ】
【スキスキ東松原|信和不動産発 東松原情報】
【東松原の不動産情報! by信和不動産発】
【信和不動産のYOU TUBEチャンネル】
【3F日記】信和不動産売買ブログ
【世田谷に住もう】売買物件情報blog
【アパログ】アパマンショップ東松原店ブログ




住いの防災対策特集 その3

◆ホーチキ(無線連動型の火災警報器)

わが国では2011年に、法律によりすべての住宅に火災警報器の設置が義務化されました。それによって、火災警報器の設置率は年々高まり、13年6月現在では79.8%に達していますが、それでもまだ設置されていない住宅が2割残っています。

なかには、どこで手に入るのかわからない、取り付けも難しそう、などと困っている人がいるかもしれませんが、ホーチキの無線連動型住宅用火災警報器なら簡単です。

「家電量販店や大型スーパーなどで販売しており、ネジや石こうピンを使った壁掛けタイプです。電池が内臓されているので、ボタンを長押しするだけで作動します」(営業本部住宅設備部部長・樫村氏)

最大で15台まで連携可能で、住まいのどの部分で火災が発生しても、設置されたすべての警報器が火災発生を知らせてくれます。最近の住まいは遮音性能が高くなっている上、居住者の高齢化が進んでいることもあって、連動型でないと他の部屋での火災に気づかない可能性もあるだけに、安心感が高まります。

火災警報器を設置していれば、設置していない場合に比べると死者数はおよそ3分の2に、焼損床面積はおおむね半減するというデータもあります。この連動型火災警報器、3台セットが2万円弱で手に入るから、命を守る値段としては決して高くないなずです。

【お問い合わせ先】ホーチキ 0120−919−856

(完)


総務部 小杉 勉
東松原・羽根木のお部屋探しは信和不動産東松原店まで
小田急線梅ヶ丘エリアのお部屋探しは梅ヶ丘店まで
【信和不動産のFacebookページ】
【スキスキ東松原|信和不動産発 東松原情報】
【東松原の不動産情報! by信和不動産発】
【信和不動産のYOU TUBEチャンネル】
【3F日記】信和不動産売買ブログ
【世田谷に住もう】売買物件情報blog
【アパログ】アパマンショップ東松原店ブログ




住いの防災対策特集 その2

◆東京ガス(地震時のガス器具操作)

都市ガスを使用している家庭では、地震時の対応を頭に入れておきたいものです。

ガスメーターはマイコンメーターともいわれ、安全機能が付いています。ガス器具の消し忘れがあるのではないか、ガスが漏れているのではないかなど、異常を察知したときや震度5程度以上の地震が発生した場合には、ガスを自動的に停止する仕組みです。

だから、大きな揺れを感じたときには、あわてずに机の下に隠れるなど、自分自身や家族の身の安全を確保することが何よりも大切になります。

揺れがおさまったらガス器具のスイッチを切り、電気器具のコードはコンセントから抜く。室内にガスの臭いがしたらガス栓とガスメーターの元栓を閉め、窓を開けて換気します。火を付けたり、換気扇や電気のスイッチを入れると危険なので絶対に触らず、すぐに東京ガスに連絡するようにして下さい。

ガス臭さがなければ、ガスを使っても大丈夫ですが、震度5程度以上で、マイコンメーターの機能によりガスが止まっている場合は、復帰の手続きが必要になります。

復帰方法は(ガスメーターに取りつけてある)説明書を参考に、すべてのガス器具を止めた上で、復帰ボタンのキャップをはずし、ボタンを奥まで押して、ゆっくりと手を離す。赤ランプが点滅する間、約3分待つ。この間にガスメーターがガス漏れの有無を確認していて、異常がなければランプが消え、再びガスを使えるようになります。

復帰方法に関する携帯などのアプリも用意しています。

ガスメーターの復帰方法は
http://home.tokyo-gas.co.jp/userguide/anzen/meter/reset/
で。

【お問い合わせ先】東京ガスお客さまセンター 0570−002211

(つづく)


総務部 小杉 勉

東松原・羽根木のお部屋探しは信和不動産東松原店まで
小田急線梅ヶ丘エリアのお部屋探しは梅ヶ丘店まで
【信和不動産のFacebookページ】
【スキスキ東松原|信和不動産発 東松原情報】
【東松原の不動産情報! by信和不動産発】
【信和不動産のYOU TUBEチャンネル】
【3F日記】信和不動産売買ブログ
【世田谷に住もう】売買物件情報blog
【アパログ】アパマンショップ東松原店ブログ



住いの防災対策特集 その1

◆カクイチ(ガレージで太陽光発電)

鉄骨ガレージや倉庫などの製造販売を行うカクイチ。創業から120年以上が経過し、全国に9万棟以上の実績を持つ同社が着目したのが、ガレージや倉庫の屋根です。再生可能エネルギーとして注目度が高まる太陽光発電システムを搭載して、既存のユーザー向けには「わっとわっとパートナー」事業を展開しています。

「費用はすべて当社が負担して、屋根に太陽光発電システムを設置します。そこから得られる電力を電力会社に売電、オーナー様に20年間賃料をお支払する仕組みです。20年間定期的なメンテナンスも無償で行いますので、オーナー様はリスクゼロで賃料を得ることができます」(代表取締役社長・田中氏)

賃料は建物の大きさにもよりますが、クルマ2、3台の規模であれば20年で20万円から25万円ほど。ふだん使わないスペースを無償で有効に活用し、環境問題にも貢献できるのですから人気は高い。昨年6月の事業スタートからすでに3000件以上の申し込みがあり、来年5月までには7500件を目指しています。

実はこのシステム、防災面でも注目されているのです。

「当社のガレージは東日本大震災でも倒壊例がなく、オーナー様や親類の一次避難所としても利用されたほどです。しかも、天気さえ良ければ太陽光発電の役割を果たしてくれます」(前出・田中氏)

さらに、太陽光パネルの遮熱効果でガレージ内の温度が3度から5度下がる、雨天時の雨音が軽減され、腐食も防げる、などの副次的効果も期待できるすぐれものです。

【お問い合わせ先】カクイチ 0120−505−848

(つづく)


総務部 小杉 勉

東松原・羽根木のお部屋探しは信和不動産東松原店まで
小田急線梅ヶ丘エリアのお部屋探しは梅ヶ丘店まで
【信和不動産のFacebookページ】
【スキスキ東松原|信和不動産発 東松原情報】
【東松原の不動産情報! by信和不動産発】
【信和不動産のYOU TUBEチャンネル】
【3F日記】信和不動産売買ブログ
【世田谷に住もう】売買物件情報blog
【アパログ】アパマンショップ東松原店ブログ



相続税 下

来年1月の相続税の制度改正により納税する人は増えそうです。生前贈与の非課税枠を利用した生命保険や信託銀行の商品で、納税資金確保や節税を行うことも可能です。

制度改正で、相続額から差し引ける基礎控除は現行の6割になります。これにより納税しなければならない人は増えそうで、節税など相続税対策への関心が高い。

利用しやすいのが、生前贈与の非課税枠です。贈与税の基礎控除は1人当たり年110万円で、この範囲内の贈与なら非課税。また、祖父母から孫など直系家族への教育資金贈与は1500万円まで非課税です。

生命保険を使う相続対策は、贈与税が非課税の年110万円枠を利用できます。親はこの枠内で子に贈与すれば、その分、相続財産を非課税で減らせます。子は贈与されたお金で親を被保険者にして終身、定期保険に加入する。親が亡くなり相続が発生した時は、死亡保険金を納税資金にあてられます。

また、子供自身を被保険者にして個人年金や養老保険等に加入すれば、子供や孫の将来への備えになります。

ただし、年110万円の非課税枠を続けて使う際は、贈与のたびに契約書を作るなど手続きをしておくといいです。そうしないと、最初に全額贈与したと見なされ課税される可能性もあります。


総務部 小杉 勉

東松原・羽根木のお部屋探しは信和不動産東松原店まで
小田急線梅ヶ丘エリアのお部屋探しは梅ヶ丘店まで
【信和不動産のFacebookページ】
【スキスキ東松原|信和不動産発 東松原情報】
【東松原の不動産情報! by信和不動産発】
【信和不動産のYOU TUBEチャンネル】
【3F日記】信和不動産売買ブログ
【世田谷に住もう】売買物件情報blog
【アパログ】アパマンショップ東松原店ブログ



相続税 上

来年1月から相続税の制度が改正され、納税が必要になる人は増えそうです。「自分も払わなければいけないのか」、「どれくらいの納税なのか」と不安を抱く人も多いでしょう。制度改正で何がどう変わるのか。「上」「下」の2回に分けて考えます。

今回の主な改正は、「基礎控除の縮小」「税率の一部引き上げ」「未成年・障害者の税率控除拡大」「小規模宅地等の特例の適用面積拡大」の四つ。多くの人に関わりがありそうなのが、基礎控除と小規模宅地等の特例の改正です。

基礎控除は、相続税を計算するときに、相続財産の総額から差し引くことができます。現行では5000万円+1000万円×法定相続人の数。例えば、妻と子供2人がいる場合は、8000万円となります。これを相続財産から差し引けるので、財産が8000万円以下なら相続税の申告も納税も必要ありません。

これが来年1月からは、3000万円+600万円×法定相続人となります。基礎控除は、妻と子供2人で4800万円に減る。つまり、相続財産が4800万円を超えれば、納税しなければいけなくなるのです。財務省の試算では、これにより、相続税を納税する人は現在の4%程度から6%程度まで増加します。特に土地の評価額が高い都市部に持ち家がある場合には、納税する割合は高くなりそうです。

ただ、課税強化ばかりではありません。亡くなった人が住んでいた宅地には、配偶者や同居の子供などが相続する場合に評価額を8割まで減額する「小規模宅地等の特例」があります。改正ではこの適用範囲が、現行の「240平方メートルまで」から「330平方メートルまで」の拡大されます。亡くなった人が要介護認定を受け、自宅を離れて老人ホームなどに入所していた場合も、特例を利用できます。


総務部 小杉 勉

東松原・羽根木のお部屋探しは信和不動産東松原店まで
小田急線梅ヶ丘エリアのお部屋探しは梅ヶ丘店まで
【信和不動産のFacebookページ】
【スキスキ東松原|信和不動産発 東松原情報】
【東松原の不動産情報! by信和不動産発】
【信和不動産のYOU TUBEチャンネル】
【3F日記】信和不動産売買ブログ
【世田谷に住もう】売買物件情報blog
【アパログ】アパマンショップ東松原店ブログ



【ハイツシャロン】 嬉しい礼金・敷金ダブルゼロ物件です!!


 「ハイツシャロン」 

嬉しい

[size=20]資金・礼金[/size]
がともに ゼロ の

ダブルゼロ 物件です!!


なので

契約時にかかる初期費用としては、

前家賃+共益費1か月分の
58000円+1000円



仲介手数料の1か月分の
58000円



保険代が
約20000円


合計が概算で
167000円 !!


消費税や前家賃の金額が前後しますが、
おおむね15万円ちょっとで契約できるお部屋なんです!!


これは
かなりリーズナブル




節約派の方には、おススメな物件ですよ♪



家賃だって、かなりリーズナブル


5万円代のお部屋ですから、
そんなに豪華ではありません。


でも、
ガスキッチンでフローリング、
洗濯機置き場は外廊下ですが自分専用の置き場あり。


何せ
京王線『代田橋駅』まで5分の好立地♪



この家賃、初期費用で考えれば
充分な物件だと思いますよ!!






今回募集のお部屋は
2階の角部屋!!



窓が2面ありますから、
2つの窓に
かわいいカーテンや
ちょっと柄物のカーテンを引いていただければ、
お部屋の印象もかなり違くなると思います!



お部屋自体が広くないですから、
カーテンの閉める割合が広くなりますからね!


今は、ホームセンターに行けば
色とりどりのカーテンが並んでいて、
選ぶのにも大変な位ですよ!


2つのうち1つは
出窓なので、

小物を置いてアレンジしても良いですし、
荷物を置いても良いですよね!
意外と貴重なスペースです♪





それと、
収納が結構広いのがありがたい!!



押入れ型で天袋まであるので、
お一人暮らしの方の荷物なら、すっぽりと収納出来ると思います。




とにかく、
この収納を上手く活用するのが、
お部屋をスッキリ見せるコツですよね。



じゃないと、
お部屋が物で埋め尽くされちゃいますよ〜!



しっかり、収納の大きさを測って
パズル感覚でパイプや押入れ専用のBOXや棚を入れてみてください。


入居者さんのオリジナルな収納を目指しては!!






でも
狭いお部屋の方が何でも手の届く場所にあるから、
楽っていう方もいるんですよね…(笑)



オーナー様も裏に住んでいて、
安心なお部屋です。




是非、内覧にお越しください!!


「ハイツシャロン」の
詳しい物件情報はこちらから

http://www.0007.co.jp/goods/15660.html



。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。

信和不動産株式会社
細川 恭子(ほそかわ きょうこ)

井の頭線 東松原にて地域密着60年超!
【信和不動産】です。社歴が物言う「モトヅケ」物件=専任物件がたくさんあります!


世田谷区 松原・羽根木・代田・梅丘 地区のお部屋探しは当店から!
ご来店をお待ちしております!


〒156-0043
東京都世田谷区松原5-2-3
TEL:03-3323-0521
FAX:03-3325-2123
HP: http://www.0007.co.jp
営業時間 10:00-18:30(火曜日、第1・3水曜日定休)
当社は井の頭線 東松原駅 徒歩1分です
。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。




自然災害に火災保険

局地豪雨や土砂災害など風水害が、全国各地で猛威をふるっています。台風シーズンもまだまだ続きます。大切な自宅や家財が被害にあった際、頼りになるのが火災保険です。契約内容の見直しや、新たに加入する際のポイントをまとめました。

◆公的支援は頼れず
火災保険は、火事による損害だけでなく、自然災害で家屋や家財が壊れた場合も補償してくれます。
8月に広島市を直撃した集中豪雨では、市内166か所以上で土砂崩れが起き、74人が亡くなり、全壊家屋は133軒と甚大な被害が出ました。国の「被災者生活再建支援法」は、被災世帯に最大300万円を支給すると定めています。ただ、新しく自宅を建て替えるのに、この支給額では頭金程度にしかなりません。公的支援が限られる中で、頼りにしたいのが火災保険です。
ファイナンシャルプランナーの清水氏は、火災保険の契約内容を決める際に、「住まい周辺のハザードマップを確認して、どんな危険が起こりうるかを把握するのが第一歩」と助言しています。

◆危険情報を集める
ハザードマップとは、災害が見込まれる範囲や深刻度、避難先とそこへの経路などを示した地図です。洪水や高潮、土砂災害など災害の種類に応じて市区町村などが作製した地図をインターネットなどで公表しています。国土交通省のホームページからも閲覧できます。
また、国土地理院が作製する「土地条件図」は、土地の起伏や地質、埋め立てや造成などの人工地、地滑り・土石流といった過去の災害などが詳しく記されています。一部地域はインターネットで見られるほか、地図を扱う書店でも買えます。
まずは、これらのデータを確認して自宅周辺の自然災害リスクを把握し、火災保険の契約内容が保険金額も含めて対応できそうかチェックするといいと思います。

◆風災、水災…種類ごと補償
火災保険は、火事や落雷などの補償が「基本契約」で、「風、ひょう、雪による損害」、「洪水や土砂崩れによる水害」など災害の種類ごとに補償する商品が一般的です。家屋と家財、それぞれに契約します。
損害保険ジャパン日本興亜は販売する「THE(ザ)しまいの保険」や、東京海上日動火災保険の「トータルアシスト住まいの保険」などは、補償範囲が広いパッケージ型になっています。
一方、セゾン自動車火災保険の「じぶんでえらべる火災保険」は、基本契約以外は必要な補償だけを選ぶタイプです。
パッケージ型でも、例えば自宅が地盤の固い高台やマンションの高層階にあれば、水災補償を外せる選択肢があります。ただ、最近はマンホールから水があふれるといった都市型水害も頻発しているので、慎重に見極めて下さい。
子供の独立などで家族構成が変われば、家財も増えたり減ったりします。契約内容を定期的に見直せば、被害を受けた時の保険金額を把握でき、保険料の適切な負担にもつながります。また、被災時に保険金を受け取るには、契約者が保険会社に自己申告するのが基本なので、覚えておいて下さい。

※地震、津波、火山の噴火による損害の補償には別に「地震保険」が必要です。


総務部 小杉 勉

東松原・羽根木のお部屋探しは信和不動産東松原店まで
小田急線梅ヶ丘エリアのお部屋探しは梅ヶ丘店まで
【信和不動産のFacebookページ】
【スキスキ東松原|信和不動産発 東松原情報】
【東松原の不動産情報! by信和不動産発】
【信和不動産のYOU TUBEチャンネル】
【3F日記】信和不動産売買ブログ
【世田谷に住もう】売買物件情報blog
【アパログ】アパマンショップ東松原店ブログ



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます