So-net無料ブログ作成

老人ホーム投信 初上場

有料老人ホームなど高齢者向け施設を運営会社に貸して賃料収入を投資家に分配する「ヘルスケアリート」が5日、東京証券取引所に初めて上場しました。ほかにも上場を準備する金融機関もあり、高齢者施設の整備資金を投資家から集める動きが広がるかが注目されます。

上場したのは大和証券グループ本社傘下の「日本ヘルスケア投資法人」で、神奈川、愛知、大阪などの有料老人ホーム14施設を保有しています。上場初日の5日の終値は一口22万2600円と、売り出し価格(15万円)を大きく上回りました。大和証券グループは、投資法人が持つ施設を増やし、資産規模を今後3年で約7倍に増やす方針です。5日の上場で調達した約60億円を老人ホームの改修に充てます。

ヘルスケアリートでは、金融機関が土地や建物を所有します。それを実際に施設を運営する会社に貸し出し、賃料収入を投資家に分配する仕組みです。不動産投資信託(REIT=リート)の一種ですが、高齢者向け施設のみを対象としています。高齢化が進む中、老人ホームなどへの入居者は今後も増えることが予想され、比較的安定した収益が見込めます。ただ、高齢者向け施設は、社会保障制度の変更や施設に対する評判により、収益性が下がる恐れもあります。

運営会社は施設の整備費用を調達しやすくなります。政府の成長戦略にも高齢者施設の供給拡大に民間資金を活用するためにヘルスケアリート推進が盛り込まれました。

米国ではヘルスケアリートの時価総額が10兆円規模と、リート市場全体の1割強を占めています。日本でも今後は病院など医療施設を投資対象に含めることが検討されており、数千億円規模への拡大が見込まれています。三井住友銀行は来年3月までの上場を予定しており、新生銀行や米投資会社など6社の企業連合も来年中の上場を目指しています。


総務部 小杉 勉

東松原・羽根木のお部屋探しは信和不動産東松原店まで
小田急線梅ヶ丘エリアのお部屋探しは梅ヶ丘店まで
【信和不動産のFacebookページ】
【スキスキ東松原|信和不動産発 東松原情報】
【東松原の不動産情報! by信和不動産発】
【信和不動産のYOU TUBEチャンネル】
【3F日記】信和不動産売買ブログ
【世田谷に住もう】売買物件情報blog
【アパログ】アパマンショップ東松原店ブログ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます